インタネートさくら組 ホーム» dandy lion Blog ホーム» 2022年 5月に投稿された記事一覧

dandy lion Blog
世の中、経験してみないと
わからないことだらけですね。

2022年 5月
に投稿された記事一覧

「さくら組問題」を考える

「問題」と言っても根本的な問題をどうこうではなく・・・・。 今問題だと思っている検索順位の問題です。 よく利用している検索順位調査ツールに寄れば、さくら組の検索順位は今現在こんな感じです。 「日本大学 ラグビー」ではいつの間にやら公式ページ・公式Twitter の下、3番目にいます。当たり前だろ、と思うかも知れませんが、我ながら言わせて貰うとそれなりに対策と努力を重ねてきた結果です。狙ってやってま......つづく

記事を読む

徒歩旅vol.009 身延山久遠寺から三島へ 2003/05/13~15

前回に引き続き、身延線に乗っております。今回は身延駅で下車。 ここに何があるかというと、 身延山久遠寺。日蓮宗の総本山。とても大きいお寺です。三門(山門)もかなりのスケール。 大きな寺で観光名所になっているにも関わらず人気が無いですね。それもそのはず、 三門から本堂に行くにはこの階段を上らねばなりませんので普通は三門を経由せず車で本堂まで上がります。ちなみにこの階段は1段あたりの高さが少々高い石段......つづく

記事を読む

徒歩旅vol.008 身延線に乗り福士川へ 2003/05/10~12

全国の福士さんこんにちは。 青森や岩手の出身の福士さんも、私のように父が青森出身の福士さんも。福士加代子さんや福士蒼汰くんが知名度を上げてくれた「福士」という名字ですが、山梨には「福士川」って川が流れているのを知っていましたか?今回は福士川のお話です。 その前に。前回の話、5月9日にPHSが壊れました。沼津市内千本松原付近での話。10日に沼津市街に戻ってPHSを預けました。いつ修理が終わるのか誰に......つづく

記事を読む

徒歩旅vol.007 柿田川、そしてトラブル 2003/05/09

柿田川公園。 知っている人は知っている。知らない人は知らない。当たり前なんですけど。友人に勧めら、この日初めて行ってきました。この日以降、もう何度も行っています。 富士山の伏流水がここで地上に湧き出て川となっているという。至るところで水が湧き出ています。 とても綺麗な、透き通った水。 柿田川公園があるのは三島市と沼津市の間の駿東郡清水町。国道1号線の雑多な通りの中、突然現れます。公園の中は別世界で......つづく

記事を読む

徒歩旅vol.006 徒歩旅vol.005 富士宮市から三島市へ 2003/05/07~08

富士宮のホテルで一泊した後は白糸の滝に向かいました。白糸の滝は現在かなり観光地として整備されていますが、当時はまだそこまで整備が進んでいなかったように思います。整備が進んだのは富士山が世界遺産になってからなのかな・・・? とは言っても、昔から有名な景勝地であります。圧巻の景色です。 この辺りまで来たら寄らねば損でしょう。ここに行くためだけに出かける価値のある景色です。 ここにはもう一つ、大きな滝が......つづく

記事を読む

徒歩旅vol.005 御殿場から富士宮へ 2003/05/04~06

富士スピードウェイで一泊したあとは500キロのレースを堪能。昔は1コーナーやサントリーコーナーで見ていたけど、今回はずっとグランドスタンド。 レース前はイベントも。上は服部尚貴と脇坂薫一、下はドミニク・シュワガーと織戸学。 レースはGR-Rの1-2フィニッシュ。予選まで好調だったスープラ勢は総崩れ。ドミニク・シュワガー/織戸学組がなんとか3位フィニッシュ。 レース観戦後は再び浅間大社へ。野宿地がこ......つづく

記事を読む

徒歩旅vol.004 富士スピードウェイへ 2003/05/02~03

前回からの続き・・・・ずっと続くはずなんですけど。 徒歩の旅も順調に進み19年前の昨日に富士スピードウェイに到着。翌朝また8キロ歩いて富士スピードウェイに戻って、レース観戦です。 行われていたレースは全日本GT選手権。現在のSUPER GT。学生時代、茅ヶ崎に住んでいた私は富士スピードウェイに足繁く通っていて、たくさんのレースを見ました。星野一義、長谷見昌弘、関谷正徳、服部尚貴、高木虎之助、本山哲......つづく

記事を読む

徒歩旅vol.003 山北~駿東郡小山町 2003/05/01

徒歩旅を更新するのも1年ぶり。 「今こそ!」と思って書き始めて2回目で挫折。 そういえば、と思って思い立ったのがちょうど19年後の5月1日。前回の更新が4月30日分、今回の分が5月1日で今日書く内容は19年前の5月1日の話です。 いい機会だからこれからも19年後のダイヤリーで行ってみようかとか思ってみたり。やってみようかとか思ってみたりみなかったり。 そんな話はともかく、2003年5月1日山北を後......つづく

記事を読む