インタネートさくら組 ホーム» dandy lion Blog ホーム» フランス車の日常» ルノー ルーテシア リコール修理 完了!

dandy lion Blog
世の中、経験してみないと
わからないことだらけですね。

フランス車の日常No.006

ルノー ルーテシア リコール修理 完了!

先々週お伝えしたルーテシアのリコール問題。
先々週のブログでは100人予約待ち、はたしていつになるやら・・・・という状況をお伝えしておりましたが、急転直下。
日曜日(21日)にめでたく終了しました。

キャンセルが出たとのことで・・・・修理日はいつでもいいと伝えていた私に連絡をくれたようです。
21日出来ると知っていたらオイル交換しなかったのに・・・・!
もったいなかった。
リコール修理でオイルも交換しています。
でもまぁしょうがないですね。
望外に早く完了したのでよしとしましょう。

ただ、車を持ち込んだ際も返してもらう際もショールームに案内もされず営業からの挨拶もなくさっさと引き渡されたのが気にかかる・・・・みんなそうなの?納車以来のショールームでしたが!何も頼まないから出禁にでもなったんでしょうかっ!

さて・・・修理内容ですがピストンとバルブの洗浄は分解でなく洗浄液を注入したようです。
ピストン外すとなると大作業ですし、バルブ外したら16本擦り合わせもしないといけないですし、さすがにそこまで出来ないですよね。
長い間アイドリングしたようで、ガソリンはかなり減っていました。
あと・・・・バッテリーがピンチ。
慌てて充電しています。

修理完了後、アイドリングはとても静かになっていました。
前回のブログで「オイル交換前に洗浄剤を注入し500キロくらい高速道路を少々回し気味で走る」と書きましたが、これをやるとこんな感じのアイリングになります。
カーボンが減るとアイドリングが静かになるのかも知れません。
修理前はすぐ元のアイドリングなってしまいましたが、燃焼セッティングを変更した今回はどうでしょうか。
しばらく様子を見たいと思います。

あと、オイル。
モリドライブの感想を書こうと思ってたらその前に交換になってしまいました。
率直にいうと・・・・悪くないです。
どう表現して良いのか分かりませんがめちゃくちゃヌルヌルエンジンが回ります。
この辺りはA.S.H. FSEと遜色ありません。
モリブデンの効果だと思うので、ライフは短いとは思いますが・・・・・
安いオイルですので、コストパフォーマンスは良いと思います。

ちなみに・・・・A.S.H. FSEと遜色ないと書きましたが、A.S.H. FSEは1万キロ走った状態です。
逆に言えば1万キロ走ったアッシュと新品のモリドライブは大差ありません。まぁ値段がまるで違いますけど。

今入っているのはおそらく純正オイル(おそらくカストロールのエッジ)で、ヌルヌル感はありません。
もちろんヌルヌルさえすれば良いオイルというわけではないですから、なんとも言えませんが。
振動は少し増えた気がしますが、気のせいかも知れないですしオイルのせいではないかも知れません。

現在50キロほど走っていますが、オイルは綺麗ですね。

実は今まで交換後50キロ走った後はもう少し汚れてた気もします。
もう少し走って様子を見てから、あっという間に排出されてしまったワコーズのeクリーンプラスも注入したいと思います。

2000キロくらい走ってA.S.H. FSEに交換しようと思います。

ちなみにリコール修理ですが、私が頼んだルノー所沢店では100人待ち。
小平の方は予約すら受け付けていないという状況らしく、私はやはりラッキーだったようで、まぁ何の挨拶もなかったなんで言ったら罰が当たるかも知れません。根に持たないようにします。

コメント掲示板

ご感想・要望・質問等、管理人への伝言にお気軽にご利用下さい。

コメントはこちらから!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)