インタネートさくら組 ホーム» dandy lion Blog ホーム» こんなところに行ってきました。» 徒歩旅vol.002 国府津~山北 2003/04/29・30

dandy lion Blog
世の中、経験してみないと
わからないことだらけですね。

こんなところに行ってきました。No.004

徒歩旅vol.002 国府津~山北 2003/04/29・30

こちらの更新がお久しぶりになってしまった。

茅ヶ崎を出発して、国府津の浜に泊まって、まだスタート2日目の4月29日。
世間はゴールデンウィークが始まったところであります。当時はまだみどりの日だったはず。

前回伝えた通り、当面の目標は御殿場(正しくは駿東郡小山町)にある富士スピードウェイ。
学生時代数々のレースを観戦した思い出の地。
当時まだ「全日本GT選手権」と呼ばれていた、スーパーGTの開幕に間に合うように到着するのが目標。

国府津から御殿場に向かうルート大きく分けて2つあって、一つは箱根駅伝でおなじみの東海道で箱根を越えていくルート。箱根から先もいくつかのルートがあり、見応えはあるものの車の往来も多く歩いて行くのは困難。
もう一つのルートは国道246を使うルートで、今回は迷い無くこちらを選択。道も箱根ルートに比べればまだ平坦なはず。

問題なのが天気で、明日30日は明け方から雨、ところにより暴風雨の予報。
天気と泊まる場所を考えつつ進行していかなくてはいけなかったが、取りあえず山北あたりを目指すことにしてスタートしていった。

御殿場線沿いに歩いて行くことになるわけだけど、下曽我駅付近。電車で通る度に気になっていた場所。
曽我の梅林も有名なんだけど、気になっていたのはこちら。

城前寺にある曽我兄弟の石碑に立ち寄った。
曽我兄弟・・・・・知らない人は日本三大仇討ちで調べてみよう。
史跡であるけれど、幼稚園が併設されておりゆっくりは出来ないので写真を撮っておしまい。

さらに進んでいく。ここは松田町あたり。古くから交通の要所であり、現在でも小田急線と御殿場線が交わる要所である。

川の名前は・・・覚えていない。
こちらは酒匂川(さかわがわ)・・・のはず

そして昼過ぎに山北に到着。googlemapによれば17キロくらい。

問題はやはりこの後どうするか、になってくる。
今のところ天気はとても良い。行楽日和。明日はやはり荒天のようで、山北の旅館に落ち着くのも手ではある。
しかし2日目にしてそんなゆっくりしていいものか、とも思う。せめて野宿ではないか・・・・

で、悩んだ挙句結局安全な方を取った。旅館に泊まる。雨風をしのぐ。
当時は駅の近くに老夫婦が経営していた小さな旅館(安い)があったのだ。そこで2泊したが・・・・正解だったと思う。翌明け方は暴風雨で、30日は1日雨だった。

山北は小学生の時に何度か来ている場所。
山北の山奥に一心塾とかはじめ塾という私塾があって、何度か来ていた(今はない)。
さすがに山奥まで足を延ばせないけど、「ぜひ行ってみて!」と観光案内のおばちゃんや旅館の夫婦に言われていた、地元で有名な洒水の滝(しゃすいのたき)に行ってみた。

なんだこんなものか~とか思うじゃないですか。でもこれじゃなくて・・・・

これが本物。落差67m。なめてた。これはすごい。

こんなのがあるとは知らんかった。修験者が滝つぼで滝行を行うらしい。かなり激しいのでは。
この滝の上流にはさらに滝があるらしいけど、そっちは立ち入り禁止とのことで・・・・・

国府津から山北の旅でした。次回は富士スピードウェイです。

コメント掲示板

ご感想・要望・質問等、管理人への伝言にお気軽にご利用下さい。

コメントはこちらから!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)