インタネートさくら組 ホーム» 最新試合情報2021» 2021年第5戦 流通経済大戦

関東大学ラグビーリーグ戦公式戦
日本大vs流通経済大

得点表

日本大 チーム 流通経済大
34 合計得点 22
前半 後半 ハーフ 前半 後半
12 15 得点 22 7
2 4 トライ 2 1
1 1 ゴール 1 0
0 0 PG 1 0
0 0 DG 0 0

メンバー表

日本大
No. 氏名 出身校
1 鈴木 哉斗 4 開志国際
2 井上 風雅 2 東福岡
3 岩上 龍 3 目黒学院
4 鷲谷 太希 3 天理
5 趙 誠悠 4 大阪朝鮮
6 熊谷 幸介 4 保善
7 飯田 光紀 4 日川
8 板倉 正矢 4 清真学園
9 前川 李蘭 2 目黒学院
10 饒平名 悠斗 3 コザ
11 水間 夢翔 3 佐賀工業
12 フレイザー・クワーク     4 開志国際
13 広瀬 龍二 3 日川
14 ナサニエル・トゥポウ 3 マリストブラザーズ
15 普久原 琉 3 コザ
16 竹内 治人 4 日本大学
17 林 琉輝 3 日本大学
18 山内 開斗 4 目黒学院
19 シオネ・ハラシリ 4 目黒学院
20 金 潤歩 4 大阪朝鮮
21 石黒 康生 1 岐阜工業
22 髙野 謙人 4 静岡聖光学院
23 ジョアペ・ナコ 1 大分東明
流通経済大
No. 氏名 出身校
1 作田 駿介 2 流通経済大柏
2 西山 大樹 4 流通経済大柏
3 シンクル 寛造 3 札幌山の手
4 タマ・カペネ 4 スコッツ
5 アピサロメ・ボギドラウ 3 ラトゥ・カダフールビュー
6 當眞 真 3 流通経済大学付属柏
7 越高 梁 3 流通経済大柏
8 キム ギヒョン 3 ソウル大師範大付属
9 岡田 和暉 3 流通経済大柏
10 中澤 響 4 東京農大二
11 長尾 岳 4 尾道
12 髙井 優志 3 常翔学園
13 永山 大地 3 流通経済大柏
14 堀井 雄登 3 大東文化大学第一
15 河野 竣太 4 常翔学園
16 吉川 豪人 4 大阪学院大学
17 中山 郁大 2 流通経済大柏
18 渡部 大雅 1 秋田中央
19 中根 輝 2 栄徳
20 星野 竜輝 3 流通経済大柏
21 武井 陽昌 2 熊本工業
22 荒木 龍介 4 湘南工科大学付属
23 リクアタ・テアウパ 3 トゥポウ

タイムライン

勝利を収めながらもまだまだ未熟なチームであることを思い知らされた関東学院戦から1週間。昨年完敗を喫し春の招待試合で引き分けた流通経済大と上柚木陸上競技場で対峙しました。今年2勝2敗と思うような成績を残せていない流通経済大ですが、状態が上向いてきているのは間違いなく、

前半キックオフ
前半0分

流通経済大ボールでキックオフ。しばらく流経大がボールを持つ時間が続きますが、日大のタックルもよく前進は許しません。

前半2分

流経大SO中澤のキックを自陣インゴールでキャッチしたFB普久原がカウンター。22mライン付近までゲインしますが、その後攻めが繋がらず、ファーストスクラムは流経大ボールで自陣22mライン付近。

IMGP2118 IMGP2120 IMGP2121
前半3分

最近やや苦戦気味のスクラムですが、ファーストスクラムは互角の戦いに。

IMGP2128 IMGP2129

ただしのスクラムの後のディフェンスでオフサイドがあり、先制を許します。

前半6分
流通経済大
PG
0-3
SO中澤のPG成功。

先制されたハリケーンズですが、すぐに反撃に転じます。攻撃の起点は、得意のラインアウトからのモール。

前半7分
日本大
TRY
5-3
流経大ゴール前20mラインアウトを確保したハリケーンズはモールを押し込み。5mライン手前まで前進。このモールは最終的に押し戻されますが、見切りよくモールから展開するとFL飯田がタックラー2人を引き釣りながら5mライン付近まで前進。さらに右オープンに展開するとショートサイドから駆け込んできたWTBトゥポウにSO饒平名からのパスが通りゴール右にトライ。
SH前川のG失敗。

モールは思うような形になりませんでしたが、FWが熱くなりすぎず冷静に2次攻撃、3次攻撃と重ねトライにつなげました。主将の飯田が先陣を切ったところも見逃せません。逆サイドから駆け上がったトゥポウの動きもサインではないでしょう。大人のチームの風格を感じるトライ。

IMGP2132 IMGP2133 IMGP2149 IMGP2151 IMGP2154 IMGP2156

この後はしばしディフェンスで奮戦。しばしば押し戻す場面もありブレイクダウンも優勢に。

IMGP2166 IMGP2170 IMGP2165 IMGP2173 IMGP2175 IMGP2186

が、攻撃に転じたところで倒れ込みの反則。ハーフウェイライン付近中央からタッチキックで日大陣5mライン付近まで攻め込まれると、再び反則から失点。

前半12分
流通経済大
TRY
5-8
流経大は日大5mライン付近のマイボールラインアウトからモールを形成。右に回すとHO西山がサイドを突破、左中間にトライ。
SO中澤のG失敗。
前半14分

ハリケーンズは流経大ゴール前10mライン付近でマイボールラインアウトを得ますが、ノートストレート。 さらに、

前半15分

この後の流経大ボールのスクラムでコラプシング。セットプレーが安定しませんが、流経大の方もこのタッチキックがノータッチ。キャッチしたFB普久原の快走、バックスが展開しながら一気に流経大陣内に攻め込み、再び流経大ゴール前10mライン付近でマイボールラインアウトに。

前半18分

ハリケーンズはこのモールを5mほど押し込みますが崩され、アンプレアブルに。

前半19分

ハリケーンズは流経大陣10m付近のマイボールラインアウトから攻撃再開を狙いますが、このラインアウトをキープ出来ず流経大ボールに。セットプレーでのミスが続きますが、ここでまたバックスが躍動。

前半21分
日本大
TRY
10-8
WTB水間がハーフウェイライン付近でジャッカル成功。そのまま疾走し22mライン内側まで入るとさらに素早く展開、SH前川から飛ばしパスを受けたCTB広瀬がディフェンスを突破し左中間にトライ。
日本大
GOAL
12-8
SH前川のG成功。

セットプレーはなかなか落ち着きませんが、バックスでこの取り返す形。いつの間にかどこからでもラインブレイク出来る頼もしいバックス陣に成長しています。

IMGP2229 IMGP2230 IMGP2232 IMGP2233 IMGP2237 IMGP2238 IMGP2239 IMGP2240 IMGP2241 IMGP2242

この後キックオフより流経大にゴールライン手前まで攻め込まれますが、これをしのぎきるとFB普久原の好タッチキックから反撃。敵陣に入るとラインアウトをキープし小気味よい展開を幾度となく重ね、流経大陣5mライン付近まで前進。

IMGP2281 IMGP2277 IMGP2264 IMGP2267 IMGP2287 IMGP2315
前半28分

ハリケーンズは5mラインでのマイボールラインアウトを得ますが、再度ノットストレート。流経大の大きなFWの前になかなか自由にスローイングさせて貰えません。

前半31分

ハリケーンズは流経大陣10m付近のラインアウトをキープすると、再びバックスを中心に攻撃再開。流経大ゴール前10m付近まで前進していきますが、

前半32分
流通経済大
TRY
12-13
流経大FB河野がインターセプトし90m独走。左中間にトライ。
流通経済大
GOAL
12-15
SO中澤のG成功。
前半38分

ハリケーンズは再びバックスを中心に攻撃再開。

IMGP2381 IMGP2382 IMGP2367 IMGP2372 IMGP2390

CTB広瀬の突破からゴールライン前まで進みますが、ここで流経大FB河野が広瀬の手に足を掛けてしまい、

前半40分
シンビン
流通経済大 15 河野竣太

シンビンに。

ハリケーンズはこのペナルティからスクラムを選択、スクラムで幾度となくプレッシャーを掛けてさらに展開し流経大ゴールラインに迫りますが、最終的にボールを奪われ前半終了。

後半キックオフ

バックスを中心にした展開ラグビーという強みを見せたハリケーンズですが、圧力ある流経大FWの前に課題も見えてしまった前半戦。FW3人を入れ替え後半戦でどのような戦いを見せるか・・・・2点ビハインド、数的有利な状態で後半戦が始まります。

後半0分
入替
日本大
IN
16 竹内治人
OUT
1 鈴木哉斗
日本大
IN
18 山内開斗
OUT
3 岩上龍
日本大
IN
19 シオネ・ハラシリ
OUT
4 鷲谷太希
日本大
IN
21 髙野謙人
OUT
13 広瀬龍二

ハリケーンズボールのキックオフ。自陣で流経大のキックをキャッチすると、展開して攻撃開始。

後半2分
日本大
TRY
17-15
ハリケーンズは2分に渡って何十本ものパスと8フェーズの攻撃を重ね、ゴールライン付近まで到達すると最後はWTBトゥポウが左隅にトライ。
SH前川のG失敗。
IMGP2430 IMGP2434 IMGP2446 IMGP2451 IMGP2445 IMGP2453 IMGP2456 IMGP2459 IMGP2463 IMGP2464 IMGP2465

キックオフから長いパスや短いパス、フラットなパスや深いパスを次々と通し、時よりロングゲインを挟みながらサポートも次つぎと付いて、ブレイクダウンを連取してのノーホイッスルトライです。意思が見えた気がしました。

後半5分

日大ゴール前10mのラインアウトから流経大にFW戦を挑まれますが、ハリケーンズFWが力強く奮戦。モールは押し返しFWの前進も食い止めてペナルティを得ます。前半戦失点したパターンでしたが、後半は完璧に修正。

この後も自陣で流経大の攻撃をFWを中心に防ぎきり、特にスクラムは優勢に。10分過ぎには流経大陣に攻め込みます。

後半14分

ハリケーンズは流経大10mライン付近のモールを10m近く押し込むと展開。小気味よくパスを繋ぎ5mライン付近まで前進していきますが、流経大WTB長がパスをはたいてしまい、

シンビン
流通経済大 11 長尾岳

シンビンに。再び数的優位に立ちます。

後半16分
日本大
TRY
22-15
流経大陣ゴール前5mのマイボールラインアウトを確保したハリケーンズはモールから展開。やや押し戻されますが最終的にショートサイドに展開、ディフェンスを引きつけたNO8シオネ・ハラシリからパスを受けたFL飯田が左隅にトライ。
日本大
GOAL
24-15
SH前川のG成功。
IMGP2537 IMGP2543 IMGP2551 IMGP2556

後半に入ってからラインアウトとモールを修正し、長い距離を押せるようになっていましたがゴール前では流経大に反撃され、またFWも圧力を受けてしまいました。我慢が必要な攻撃となりましたが、熱くなりすぎず冷静にフィニッシュ出来ました。

後半16分

再開後ハリケーンズはディフェンスに回りますが、激しいタックルを見せながら徐々に流経大を押し込み、前進していきます。

IMGP2569 IMGP2571 IMGP2573 IMGP2574

流経大が蹴り込んだボールをFB普久原がキャッチすると、ここから攻撃再開。再びいくつものフェーズを重ね、次々と前進して行くと、

IMGP2580 IMGP2588 IMGP2589 IMGP2592
後半20分
日本大
TRY
29-15
ハーフウェイライン付近でCTB髙野からパスを受けたLO趙が独走。SH岡田を振り切り、SO中澤のタックルもしのいで0右中間にトライ。
SH前川のG失敗。
IMGP2595 IMGP2596 IMGP2605 IMGP2609

このトライで勝負が決した、とまでは言えませんが自分たちの形が見えてきたハリケーンズが実力見せつけつつあり、流れが完全にハリケーンズ向きになってきました。

後半23分
入替
流通経済大
IN
19 中根輝
OUT
1 鈴木哉斗
流通経済大
IN
23 リクアタ・テアウパ
OUT
14 堀井雄登
交替
流通経済大
IN
17 中山郁大
OUT
2 西山大樹
後半24分

再開後、ハリケーンズは再びフェーズを重ねて前進して行くと、

日本大
TRY
34-15
LO趙のロングゲインで再び流経大陣に入り、バックスに展開するとCTB髙野が抜け出し右中間にトライ。
SH前川のG失敗。
IMGP2617 IMGP2624 IMGP2626 IMGP2630 IMGP2634 IMGP2636 IMGP2649 IMGP2650

ノーホイッスルトライ。勝負は決したと言えます。この文章だけ見ると簡単に見えてしまいますが、このトライはあらゆる意味で決定的なトライでした。キックオフから回していき、流経大のタックルを受けながらもフェーズを重ねる毎に前進。趙のロングゲインから一気に仕留めましたが、CTBフレイザーからが完璧なタイミングでパスを放った時、このパスを受けたCTB髙野は既に殆どフリーになっており、外にはまだフォローがいます。完璧なトライ、しかもノーホイッスルトライで実力の差をしっかり見せつけました。

入替
流通経済大
IN
18 渡部大雅
OUT
3 シンクル寛造
後半25分
入替
日本大
IN
17 林琉輝
OUT
2 井上風雅
後半30分
流通経済大
Penalty TRY
34-22
流経大はキックオフから日大陣に入ると、ゴール前10mのラインアウトから攻撃を継続。ハリケーンズも好タックルを連発し押し込みますが、FB河野が抜け出してゴール下へ。この時WTBトゥポウが河野の首に腕を掛けてしまいペナルティトライに。
シンビン
日本大 14 ナサニエル・トゥポウ
入替
日本大
IN
20 金潤歩
OUT
8 板倉正矢
後半33分
入替
流通経済大
IN
22 荒木龍介
OUT
12 髙井優志
後半34分

少々ゲームが荒れ落ち着かなくなってきましたが、ハリケーンズが流経大陣に入り攻撃を継続していると、流経大が反則を繰り返し、

シンビン
流通経済大 クアタ・テアウパ

最終的にWTBクアタ・テアウパがシンビンに。

グラウンド上は14人対14人と少し落ち着かない雰囲気になりました。ハリケーンズもとどめのトライを挙げるべく攻撃しますが攻撃を継続出来ず、しばらく流通経済大ボールになり38分くらいからは自陣に釘付けになりますが、ディフェンスも奮闘。

最終的にはスクラムで時間を使いながら、FL飯田がジャッカル成功したところでノーサイド。

前半戦は課題も見えましたが、後半戦はこの修正に成功。攻撃もバックス主体の攻撃がよく効いて前進を重ねていきました。

最終的に3トライ差を守って勝利を収め、第二試合で勝利した東海大と勝ち点25で並び次戦は東海大との直接対決が組まれています。ぜひとも大勢のファンに駆けつけてもらい、最高の舞台で最高の試合をして欲しいと願っております。

コメント掲示板

ご感想・要望・質問等、管理人への伝言にお気軽にご利用下さい。

コメントはこちらから!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)