インタネートさくら組 ホーム» 最新試合情報2021» 2021年第2戦 専修大戦

関東大学ラグビーリーグ戦公式戦
日本大vs専修大

得点表

日本大 チーム 専修大
86 合計得点 03
前半 後半 ハーフ 前半 後半
20 66 得点 3 0
4 10 トライ 0 0
0 8 ゴール 0 0
0 0 PG 1 0
0 0 DG 0 0

メンバー表

日本大
No. 氏名 出身校
1 鈴木 哉斗 4 開志国際
2 井上 風雅 2 東福岡
3 山内 開斗 4 佐賀工業
4 趙 誠悠 4 大阪朝鮮
5 テビタ・オト 4 トンガ
6 板倉 正矢 4 清真学園
7 飯田 光紀 4 日川
8 シオネ・ハラシリ 4 目黒学院
9 前川 李蘭 2 目黒学院
10 饒平名 悠斗 3 コザ
11 水間 夢翔 3 佐賀工業
12 フレイザー・クワーク 4 開志国際
13 広瀬 龍二 3 日川
14 髙野 謙人 4 静岡聖光学院
15 普久原 琉 3 コザ
16 竹内 治人 4 日本大学
17 林 琉輝 3 日本大学
18 岩上 龍 3 目黒学院
19 熊谷 幸介 4 保善
20 佐川 奨茉 2 佐野日大
21 石黒 康生 1 岐阜工業
22 徳永 優太 1 佐賀工業
23 ナサニエル・トゥポウ 3 マリストブラザーズ
専修大
No. 氏名 出身校
1 山口 和明 3 桐蔭学園
2 米沢 豪真 4 茗溪学園
3 岡野 晃貴 3 つくば秀英
4 小笠原 颯 4 日川
5 川畑 松大 3 東京
6 西尾 開登 4 目黒学院
7 山本 凌士 2 報徳学園
8 太田 浩平 3 北海道北見北斗
9 友池 瞭汰 3 東福岡
10 市野 湧大 3 中部大学春日丘
11 飯塚 稜介 2 桐蔭学園
12 松尾 東一郎 4 桐蔭学園
13 平山 壮太 4 大分舞鶴
14 赤沼 圭 2 東海大相模
15 古里 樹希 3 東福岡
16 ブラウン 健人 4 昌平
17 池田 大地 2 長崎南山
18 松尾 龍之介 4 國學院栃木
19 渡邉 朝陽 2 日川
20 山下 拓真 4 東福岡
21 宮坂 航生 2 中部大春日丘
22 アンダーソン ジョン敬 2 北海道札幌厚別
23 堀田 南雄斗 4 東福岡

タイムライン

前半キックオフ
緒戦を快勝で飾ったハリケーンズの2戦目の相手は専修大。
昨年最下位だった相手ですが、勢力図が塗り替えられつつある戦国リーグ戦の波に飲み込まれないためにもしっかり勝つだけでなく強豪チームたる勝利が求められるところ。
一方専修大はコロナを無傷で乗り切り、緒戦の法政大戦も前半リードを奪うなど健闘しました。戦国リーグ戦の寵児となるために、早めに下剋上を狙いたいところですが果たして・・・・・
前半3分
ハリケーンズボールのキックオフ。ここでいきなりノックオンがあり、22mラインを越えたあたりでマイボールスクラムへ。
さらにこのスクラムを押してペナルティを得ると、得意のラインアウトから先制します。
日本大
TRY
5-0
ハリケーンズはゴール前5mのラインアウトからモールを走るように押し込むと、最後尾からボールを持ちだしたHO井上が専修ディフェンスを突破して左中間にトライ。
前川のG失敗。
幸先良く先制。緒戦の中央大戦でもよく見たパターンですが、今回は井上が専修ディフェンスを押し込んでのトライ。
押せ押せモードが漂うスタートで、この後ディフェンスに転じても押し込む場面がありました。しかしそんな押せ押せムードの中で落とし穴。日大陣ゴール正面10mライン付近ののブレークダウンでシーリングオフ・オフザフィートの反則を犯し、PGで失点します。
前半9分
専修大
PG
5-3
FB古里のPG成功。
少々もったいない大味なプレーでしたが、得意のモールで取り返します。
前半12分
日本大
TRY
10-3
ハリケーンズは専修大ゴール前10m付近のラインアウトからモールを押し込むと、HO井上が右隅にトライ。SH前川のG失敗。
この後またディフェンスに転じますが、ディフェンスでも専修大を押し込み、HO井上のタックルでノックオンを誘うとスクラムから反撃。コラプシングからPKを得ると、
前半21分
日本大
TRY
15-3
ハリケーンズは専修大陣20m付近のラインアウトからモールを押し込むと、HO井上がタッチ際を20m走りきり右隅にトライ。SH前川のG失敗。
成長著しい井上風雅が緒戦に続きハットトリック。俊敏な動きと突破力を活かしいろいろなパターンでモールサイドを突破してトライを取る井上。モール→井上のパターンはまだまだ続きます。
前半27分
日本大
TRY
20-3
ハリケーンズは専修大ゴール前5mラインアウトからモールを押し切りHO井上が右隅にトライ。SH前川のG失敗。
恐ろしいくらいに続く得点パターン。
ただし攻勢はここまで。この後はディフェンスで奮闘しチャンスを得ますがミスも多く、得点までは奪えず・・・・
前半34分
入替
専修大
IN
18 松尾龍之介
OUT
3 岡野晃貴
バックスに展開するなど多彩な攻撃を見せますが、このまま前半戦終了となりました。
後半キックオフ
後半戦、ハリケーンズが爆発します。
後半0分
入替
日本大
IN
16 竹内治人
OUT
1 鈴木哉斗
後半1分
日本大
TRY
25-3
ハリケーンズはキックオフから攻撃開始。FWで専修大陣10mまで攻め込むと展開しながら攻撃を継続、LO趙が20m走りきって右中間にトライ。
日本大
GOAL
27-3
CTB広瀬のG成功。
後半4分
日本大
TRY
32-3
ハリケーンズはキックオフから専修大陣に攻め込むと、ゴール前10mのラインアウトからモールを押し込んでゴールラインを突破、HO井上が右隅にトライ。
日本大
GOAL
34-3
CTB広瀬のG成功。
後半8分
日本大
TRY
39-3
ハリケーンズは日大陣20m付近の相手ボールスクラムからFL板倉がボールを奪うと、NO8のシオネ・ハラシリがが独走。フォローに走ったSH前川に繋ぎ、前川が右中間にトライ。広瀬のG失敗。
入替
専修大
IN
17 池田大地
OUT
2 米沢豪真
後半10分
日本大
TRY
44-3
ハリケーンズはキックオフから展開。FB普久原が抜け出して専修大陣に入ると攻撃を継続、CTB広瀬が左中間にノーホイッスルトライ。
日本大
GOAL
46-3
CTB広瀬のG成功。
入替
専修大
IN
21 宮坂航生
OUT
9 友池瞭汰
後半13分
日本大
TRY
51-3
ハリケーンズは自陣インゴールからカウンター。キックをキャッチしたFB普久原、さらにはWTB髙野が踏ん張ってボールをキープするとゴールライン前のラックから展開。CTB広瀬がブレークして敵陣に入ると、ラックからさらに展開してLOオトが30m走りきって右中間にトライ。
日本大
GOAL
53-3
CTB広瀬のG成功。
入替
専修大
IN
20 山下拓真
OUT
7 山本凌士
後半16分
入替
日本大
IN
18 岩上龍
OUT
3 山内開斗
日本大
IN
19 熊谷幸介
OUT
6 板倉正矢
専修大
IN
19 渡邉朝陽
OUT
6 西尾開登
後半17分
日本大
TRY
58-3
ハリケーンズは専修大陣22mライン付近のラインアウトからサインプレーでHO井上が抜け出すとラックからNO8シオネ・ハラシリが抜け出してゴール裏にトライ。
日本大
GOAL
60-3
CTB広瀬のG成功。
後半23分
入替
日本大
IN
20 佐川奨茉
OUT
8 シオネ・ハラシリ
日本大
IN
23 ナサニエル・トゥポウ
OUT
11 水間夢翔
専修大
IN
16 ブラウン健人
OUT
1 山口和明
後半25分
入替
専修大
IN
23 堀田南雄斗
OUT
8 太田浩平
専修大
IN
22 アンダーソンジョン敬
OUT
10 市野湧大
後半25分
日本大
TRY
65-3
ハリケーンズはゴール前5mのラインアウトからモールを押し込み、モールから抜け出したHO井上が左隅にトライ。広瀬のG失敗。
後半28分
日本大
TRY
70-3
ハリケーンズはキックオフから攻撃を継続して敵陣に入ると、抜け出したCTBフレイザー・クワークが40m走りきって左隅にトライ。
日本大
GOAL
72-3
前川のG成功。
入替
日本大
IN
22 徳永優太
OUT
12 フレイザー・クワーク
日本大
IN
17 林琉輝
OUT
2 井上風雅
後半29分
入替
日本大
IN
21 石黒康生
OUT
9 前川李蘭
後半36分
日本大
TRY
77-3
ハリケーンズはゴール前5mのラインアウトからゴールライン前でモールを押し込むと展開。ボールはこぼれますが、拾い上げたWTBトゥポウがゴール下にトライ。
日本大
GOAL
79-3
広瀬のG成功。
後半36分
日本大
TRY
84-3
ハリケーンズは5mスクラムを押し込むと8→9→WTBトゥポウと繋ぎ、トゥポウが右中間にトライ。
日本大
GOAL
86-3
広瀬のG成功でノーサイド。

後半に突き放したハリケーンズの快勝となりました。

前半戦の終盤戦だけを見れば、このまま終わってしまうかな・・・・・という雰囲気もあったのですが、後半ネジを巻き直して圧倒したのは見事でした。残り15分から得点を重ねる姿には強豪チームの香りが漂います。

本日の加古レフリーは、試合開始当初からそんな強さを日大に感じたのか、日大と専修大の実力差を考えて笛を吹いていたように思います。日大が前のめりになり危険を感じたとき、躊躇なく笛を吹いていた印象です。厳しいと感じるころもあったかも知れませんが、レフリーの考え方やクセを見抜いてプレーを変えるのが懐の広い大人のラグビーというもので、昔憎らしいくらい強かった、いや実際憎たらしくて仕方なかった関東学院はよくそんなゲームをやっていました。あれはきっと、「(伝統校相手では)自分たちに有利な笛が吹かれない」という気持ちを乗り越えて覚えていったものだと思います。

リーグ戦のうねりに飲み込まれることなく、このまま東海大戦まで全勝で行けるような雰囲気も感じますが、まだまだ成長段階のチームでまだまだ強くなれるはずってことで・・・・次戦は前半戦の勘所となる大東文化大戦です。まだまだ無観客試合が続きますが、さらに一回り強くなったハリケーンズの登場に期待します。

コメント掲示板

ご感想・要望・質問等、管理人への伝言にお気軽にご利用下さい。